読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと趣味の記録

観劇とかパフォーマンスとかの鑑賞記録を淡々と。本務の仕事とか研究にご興味ある方は本家ブログまで( http://librarius.hatenablog.com/ )

【CD視聴ログ】ototete「Gathered Petals」

ども。

ここに1枚のCDがあります。

f:id:librarius_I:20150408141810j:plain

演劇との出会いというのは割と偶然に起こるものですが,音楽との出会いも割と偶然に起こるもののようです。

Gathered Petals | ototote

ototete「Gathered Petals」。ピアノ曲を中心とした11曲で構成されたCDです。シンプルな音構成で鍵盤の残響音を最大限に活かした曲が続きます。例えとして成功してるか分かりませんが,曲の余白がかなり取られていて,背景となるストーリーは聞いている人それぞれが書き込めるようになっているというと伝わるでしょうか。

私は川の水の流れとか,小春日和に河川敷を散歩している男性を思い浮かべたりして,余白に書き込む遊びをして楽しんでいます。言うなれば,それぞれの人が作り上げるストーリーのSoundtrackである,何て書くとちょっと格好良かったりするのでしょうか。柄でもないので,この辺でポエムチックな感想は止めておきますが。

普段Jordan Rudessさんの「Notes On a Dream」のAnother Dayをローテーションに入れている私としては,ピアノの音がガンガンぶつかり合う曲も楽しいのですが,この残響感とか広がりを大切にした曲というのも,また好きです。

作曲は田中慎太郎さんです。最初に書いたように,これが田中さんの初めてのソロアルバムです。

Profile | ototote

出会いというのは面白いもので,私は彼のことをほんの少しだけ知っています。何年か前のある大学の授業で,私が教壇に立ち,彼は机に座っていました。そう,彼は教え子の学生さんの一人です。多くの学生さんが取っている授業でしたから,彼と話したことはそれほど多くはないのですが,私があるときに話しかけたときに,テンプレートでない自分の言葉で話をしてくれたのが今でも印象に残っています。

教員をやっていて一番楽しいのは,教える側と教わる側が逆転する瞬間です。それが授業の間でなくても,そして直接にではないにせよ,彼が作曲家として作曲し,私はリスナーとして彼の曲を聴いています。今この瞬間,私と彼の立場が逆転したのです。教員にとって,こんな幸せな瞬間は他にありません。ありがとう。本当にありがとう。

アルバムは1500円。送料込み(Paypal決済)で購入できるとのことです。試聴もできるようですので,是非訪れてみて下さい。

Gathered Petals | ototote

また,いつかのように私信みたいなBlogになってしまいました。でも,こういう瞬間が楽しい瞬間を少しでも残しておきたくて,ブログを書いています。どうぞご容赦下さい。