読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと趣味の記録

観劇とかパフォーマンスとかの鑑賞記録を淡々と。本務の仕事とか研究にご興味ある方は本家ブログまで( http://librarius.hatenablog.com/ )

【観劇ログ】劇団ショウダウン「マナナン・マクリルの羅針盤 再演 2015」

f:id:librarius_I:20150117095854j:plain

ども。趣味ブログは新年初投稿です。今年もよろしくお願いいたします。今日は,池袋シアターグリーンのBASE THEATERで行われている,劇団ショウダウンさんの「マナナン・マクリルの羅針盤 再演 2015」を拝見してきました。


劇団ショウダウン

 

同舞台は,昨年行われた池袋演劇祭で,並み居る関東・関西の劇団を蹴散らして,見事大賞を受賞された作品の再演です。2時間10分の公演時間をなんと女優の林遊眠さんが,たった一人で演じきるという演目です(途中休憩は10分入ります)。

もちろん,こうした背景情報も今回見に行くときのきっかけではありましたが,実は第61回SP水曜劇場のナイトシアター*1で,一人芝居シリーズの第一弾(今回は第四弾とのことです)である「月下人魚〜リトル・マーメイド〜」を以前,拝見していました。


SP水曜劇場・劇団ショウダウン「月下人魚~リトル・マーメイド」ツイート集 - Togetterまとめ

そのときに,林遊眠さんのパフォーマンス,ナツメクニオさんの物語がすっかり気に入ってしまって,いつか観たいいつか観たいと思いながら,なかなかチャンスがなくそのままになっていました。

そんなとき,前回の関西遠征の夜に,1月は何を見に行こうかなと思っていて情報を集めていたら,東京公演がちょうど行われる*2のを発見して,ようやく決断できた次第です。

舞台は1700年代初頭のカリブ,大航海時代。ファンタジーが好きな方,海とかに憧れる方には良い感じでヒットする設定です。もちろん,私にとってもストライクな題材でした。

今日は土曜日3回公演のうちの一番はじめ,11時の回を拝見しました。チケット受付をはじめとする制作の皆さまがとても温かい感じの迎え入れ方をしてくださって,まずこの段階から,テンションが上がりっぱなしでした。

劇場内では2列目の真ん中あたりに着席しました。70名の客席で,後ろからでも見えやすいと思ったのですが,せっかくなので,良いところを占有させていただきました。物販でいつものように,ここからここまで全部という悪行をかましながら,開演時間には演出のナツメクニオさんが登場し,舞台が始まりました。

ストーリーはぜひ一度観てもらいたいので,例のごとく語ることは止めておきます。

なのでネタバレを避けた形での感想となりますが,あれだけの設定や多種多様な役をわずか一人で演じきるだけではなく,2時間10分の作品として成立させ,そして観ている人の心をわしづかみにしていく感じは流石としか言いようがありませんでした。林遊眠さんの台詞,体の動かし方,表情,どれをとっても並大抵ではたどり着けないし,たどり着くという表現を使うことがおこがましい気さえします。舞台のどのシーンも,このまま切り取って,飾っておきたい*3くらいの美しい瞬間にあふれています。そう,照明も音響もセットもこの舞台を語るときには,欠かすことの出来ない重要なパーツです。*4

一人芝居というと何か敷居の高い,そして観劇しにくい印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが,私はそれでも,この舞台に関しては自信を持ってお勧めしたいと思います。ちょっとでも,表現で人前に立つ人なら,これだけのパフォーマンスが3000円かつ,東京という場所で観られるうちに,観ておいて損は絶対に無いと思います。

残すところ,今日1月17日(土)の19:30,明日1月18日(日)の11:00と16:00の三回ですが,当日券で駆けつけられる範囲にいらっしゃる方は,是非訪れてみることをお勧めします。

マナナン・マクリルの羅針盤 再演 2015 | 劇団ショウダウン [演劇公演紹介] 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!

なお,9月3日から9月6日は,あうるすぽっとで一人芝居ではない新作を上演されるとのことなので,こちらも大変楽しみにしています。また一つ,新作を見に行きたい劇団さんが増えました(増えすぎて全部回れなくなりつつあるのが嬉しい悲鳴ですが)。ではまたー。

追伸:物販でCDとかDVDとか台本を(またしても)買い込みました。研究室の棚にまた並べておきます。

【2015/01/17 17:48追記】
帰宅して今公演のサントラCDを聞いています。曲の素晴らしさもさることながら,レーベル面の印刷が,銀盤にモノトーンのシルク印刷(?)で,めちゃくちゃカッコイイです。手に取るチャンスのある方は是非見てみて下さいませ。

*1:2013年2月27日放送,なぜ覚えているかというとは http://librarius-theater.hatenablog.com/entry/20140913/1347872965 にログを残しておいたためです。

*2:池袋演劇祭に来たときに見ておけよと思うのですが,ちょうど予定が厳しいときでして…

*3:という要望にお応えするためか,ロビーでは物販として舞台写真が販売されております(←宣伝)。

*4:関西から東京というと,どうしてもセットや演出面の制約が存在すると思うのですが,アフタートークでのナツメクニオさんのお話によれば,初演に付け加えたりしている演出があるそうで,省略すると言うよりはむしろパワーアップさせて臨んでいらっしゃるようです。