読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと趣味の記録

観劇とかパフォーマンスとかの鑑賞記録を淡々と。本務の仕事とか研究にご興味ある方は本家ブログまで( http://librarius.hatenablog.com/ )

【鑑賞ログ】平成26年度地域連携事業 調布市せんがわ劇場x白百合女子大学

だんだん,本体ブログと趣味ブログの境界線が分からなくなってきましたが,まあ良いことにしましょう。今日は,本務先の大学と調布市せんがわ劇場が,地域連携事業として行っている公演のお昼の部*1へやって参りました。

f:id:librarius_I:20141127110038j:plain

プログラムとしては,宮澤賢治の「雨ニモマケズ」を同姓同名の宮澤賢治先生が朗読するという催し,「アニメーション製作」の授業での成果発表会,児童文化学科の舟崎克彦先生による幻灯絵本ライブの3本立てです。今回で4回目とのこと。昨年もお知らせ自体は拝見していたのですが,気がついたらスルーしていたという有様でした。

今回も,危うくスルーする恐れがあったのですが,裏方を担当される学生さんがいたこと,それから学内のあちこちにチラシが貼ってあったことから,何とか今回はスルーせずに劇場までたどり着くことができました。場内は調布市の保育園の皆さまも訪れていて,なるほど,こういう感じで地域と繋がっているのだと色々発見がありました。

公演を拝見しながら,パフォーマンスって良いなーとか,いつも大学にいらっしゃっている学生さんがこんな面白いことやっているだなーとか,色々思い浮かんできました。そして,こういう発表の場があると言うことは,学生さんにとってもやりがいのあることなんだろうなとつくづく羨ましくなる次第。

自分も研究とか,教育とか,自分が表現できる分野できちんと残せるモノを残さないといけないなと,わずか1時間の公演でしたが,奮起する良いきっかけになりました。公演は明日まで,調布せんがわ劇場にて。

*1:夜はフランス文学科の学生さんによるリーディング公演です