読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと趣味の記録

観劇とかパフォーマンスとかの鑑賞記録を淡々と。本務の仕事とか研究にご興味ある方は本家ブログまで( http://librarius.hatenablog.com/ )

【観劇ログ】ジョーカーハウス「不思議の国のアリス」

熱くフレッシュなパフォーマンスと、心動かされるストーリー。写真にして切り出したいくらいの場面。もしかしたら,もしかすると伝説の公演に立ちあっているのではないかと思えるそんな公演でした。

 最近、伊藤えん魔さんブームがきております。

「コロニー」,そして続く秘密集会「不思議の国のコロニー」に引き続き続き、「日本中に隠れていた金の卵達をかき混ぜかき集め」オーディションの上,伊藤えん魔さんが脚本演出する演劇プロジェクト,ジョーカーハウスの旗揚げ公演「不思議の国のアリス」を観て参りました。

今回初めて伺う劇場,池袋のシアターKASSAI池袋駅から徒歩5分のアクセスしやすい場所。近くにカフェ・ベローチェ豊島区役所前店もあって,空いた時間をつぶすのにも適した立地の良さが良い感じです。

当日、雨の予報が出ていたので,外看板にはばっちりビニールのガードがかけられていました。ちなみに天気自体は途中雨がぱらつくも,ほとんどが晴天*1という制作さん泣かせだろうなと思う天候でした。

今回出演される役者さんの大半は,オーディションで集まったフレッシュなメンバーです。舞台で拝見するのは初めてですが,先々週の秘密集会で顔は存じ上げている,それでも知り合いではないという説明しづらい関係です(汗)。

脚本はあのルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」をベースに伊藤えん魔さんが執筆した新作。名作ですが,私が大筋以外はコロッと忘れていたおかげで,こちらもフレッシュなストーリーとして臨むことができました(汗)。

2時間の公演後,真っ先に感じたのは「あの人たち,本当に新人なの?」という感想でした。数回公演を重ねているような,まとまりのある魅力的なパフォーマンスがそこでは展開されていました。

あまりにも、テンションがあがって、珍しくTwitterで感想ポストを三連投するくらいでした(以下、Twitterから転載します)。

Twitterで書き忘れていましたが,秘密集会でおもしろ枠扱いされていた佐藤真美さんが*2,迫力のある役を担当されていて,役者さんって凄いなあとつくづく感じた次第です。あと,もう一点書き忘れていましたが,クライマックスのとあるシーンは,光と音と台詞とダンスが絶妙に組み合わさっていて,写真で切り出したいくらい,帰ってきてからも何度も思い返すほどのシーンでした。明日行けないのがひたすら残念になるくらいです。

明日,9月7日(日)までの公演期間ですが,11時から急遽追加公演が入ったと言うことなので,ぜひお近くの方は行ってみては如何でしょうか。詳細は下記の公式サイトから。

ジョーカーハウス公式サイト

第2回公演のお知らせを今から楽しみに待ちたいと思います。今日はマチソワのはしごではありませんでしたが,とても幸せな一日でした。これを糧にまたお仕事とか頑張っていきたいと思います。

f:id:librarius_I:20140906142617j:plain

*1:そしてずいぶんと暑い日でした。

*2:ネタバレできないので踏み込んでは書きませんが